長女の "タソ" ・ 次女の "リンゴ" ・三女の " ルン " とともに、育児をもっと楽しむための情報ブログ

たそりんご

自分でバスボムが作れる! ” ソーボムファクトリー “

おもちゃ 育児

2020
1/13

[記事公開日] 2020/01/13

お風呂が楽しくなるアイテム、入浴剤。
普通は粉末状や顆粒状のもの、液状のもがメジャーであるが、
女子や子どもに人気なのは固形状で、まるーい形の爆弾のようなバスボムも種類が豊富だ。
特に面白いのが中にフィギュアが入っていて、溶ける過程で出てきて
何が入っているのか楽しみなものもある。
そんな大人も子どももお風呂に入るのが楽しくなるバスボムが、
お家で自分で作れるおもちゃがある。
Hasyという会社が出している “ ソーボムファクトリー “ というキットだ。
早速タソが作ってみたので、紹介するね。
対象年齢は6歳以上。

用意するのは水だけ!

このキットにはバスボムを作るのに必要な材料であるカラフルなパウダー(重曹とクエン酸)が入っていて、
自分で準備するのは水道水のみである。
デコレーションにつかうものや中のフィギュアも付属している。
フィギュアは自分の持っているものでもOK!

説明書通りに作るだけなので簡単

図付きの説明書が同梱されていて、その通りに作っていくと簡単に作ることができる。

粉を混ぜ混ぜ

色付きパウダーをドーム型のミキサーに入れてスポイトで水を入れ、
バーを回しクルクルかき混ぜる。
これで一色(1個分)の下準備が完成!

2色を混ぜたい場合は同じようにもう1色作る

色を混ぜて別の色やマーブル模様などのバスボムを作りたい場合は、
先程の粉を別の容器に移し替えて、もう1色同じように作ろう。

押し固めて形成しよう

粉が出来上がれば、次は丸く固めて乾燥させる。
最初にグリッターなどのデコレーションを底に詰め、パウダーを入れていく。
ここで2色を交互に入れていくと、しましま模様やマーブル模様のバスボムになるので、
好きな配分で入れていこう。

半分ほどまで入れたら真ん中にフィギュアを設置し、上からもう半分の粉を再び重ねていく。

最後に上から半球の容器でプレスし、乾燥させれば完成!!

Lushで売ってるやつみたいな、可愛くていい匂いのバスボム♪
これが手作りだなんて凄くない?!
いくつか作って保存する場合は、湿気の多い場所を避けて乾燥気味に維持しよう。

お湯に入れると、勢いよく溶けていい香り

実際に浴槽に入れてみると、ものすごい気泡とともにジュワーーーーーっと溶けていき、
子どもたちはテンションブチ上げ↑↑↑
そして仕込んでおいたフィギュアが出てくると、再び大歓声が。
親も楽しめて、お風呂が嫌いな子もこれなら楽しく入ってくれるだろう。

材料がなくなったら、材料を調達し再利用しよう

重曹とクエン酸とコーンスターチor片栗粉があれば、食紅で色付けし
お風呂に入れられるようなアロマオイルなどで香り付けをすれば、
材料がなくなってもこのキットで何度でも簡単に作ることもできるね。
フィギュアやデコレーショングッズを再利用して、同じ工程でまぜまぜし固めるだけ。
100均やドラッグストアで安く手に入るものばかりだ。

終わりに

作る過程も面白くて、親子のコミュニケーションの良い機会にもなり、
お風呂で自分の作ったバスボムを使うのは格別だ。
お友達と一緒に作ってプレゼントするのも喜ばれるだろう。
大人がやるのも普通にアリだと思う!
タソもとても気に入っていたので、ぜひ遊んでみてね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
<< 新しい記事へ